ワイプ

2017/11/23

「ワイプ」って聞くと、メインで放送しているテレビ画面の端っこに移る小さな画面のことだとずっと思っていた。

今や、それも正しいのだろう。

Javieという動画編集ソフトを使う中で、「リニアワイプ」という機能があり、上記に記載しているような、小さな画面の一つだろうと思っていた。

[amazonjs asin=“4861009715” locale=“JP” title=“まるごとフリーで動画編集―AviUtlマスター★ガイド”] ・・・が実験までに、何度か設定をしてみるが、小さな画面は愚か、通常画面が半分見切れたりする・・・なんだこれ?と思い、そもそもワイプってなんだ?と思った次第であります。

Wikiには下記のように記載あり。

==Wikiediaより引用(ワイプ)

ワイプ(wipe)とは、画面片隅の斜め方向から、あるいは上下左右方向から、もしくは丸・三角・ひし形・自由形状などにより、元の画面と次の画面を拭き取るように画面切替する映像技術。ワイプインワイプアウトするという風に使われる。wipe:拭き取るという言葉からきている。

意味が転じて、画面に小窓で映像を表示することもワイプと呼ばれる(コーナーワイプ)。

==ここまで

なるほどなるほど・・・